【先輩たちが語る】夏までにやっておきたいこと・やって失敗したことランキング

By 坪内 陽太

2018.06.22  

0

こんにちは!マジマガです!
春から大学で新生活!華々しく大学デビューを飾ろうとワクワクドキドキしている方も多いでしょう!
大学生活では、新しい出会いが多く、サークル勧誘が盛んな最初の3ヶ月が大切な時期。ここでどう動くかが、今後の学生生活を左右すると言っても過言ではありません。
そこで今回は、先輩たちの例を参考に「夏までにやって失敗したこと」と「夏までにやっておきたいこと」をランキング形式で紹介したいと思います!

夏までにやって失敗したことランキング


summer-368224_960_720

1、サークルやゼミに入らず、友達作りが積極的にできなかった…

「引っ込み思案でサークルやゼミに入れなかった」「アルバイトを優先してサークルに入らなかった」などサークル・ゼミに入らなかった理由は人それぞれ。しかし、その中の大多数は「サークルやゼミに入ればよかった」「サークルやゼミに入ればもっと多くの友達ができたし、色々な経験ができただろう」と語ります。
大学ではクラス制度がない場合も多く、講義ごとに周囲の顔ぶれが変化する。そのため、講義で知り合った人と深く交流することはなかなか難しいです。
その点、サークル・ゼミに入れば必ず交流が持てます。サークルによっては大会に出場し、同じ目標に向かって切磋琢磨できる仲間にも出会えるし、学部関係なく様々な人と交流ができます。
やむおえない事情がない限り、サークル・ゼミには積極的に参加してみることをおすすめします!

2、明るいキャラを作りすぎて後戻りできなくなった!?

YAGI21511155915111559_TP_V

「キャラを作りすぎて元に戻せなくなった」「ホントはこんなに明るいキャラじゃないのに……」という悲しい経験をした先輩もいるのも事実です。
大学は地元を離れた新しい環境。張り切るのは良いが、大学生活は4年もあります。自然体で付き合える友人を持つことが大切です!
今後も何かあるごとにキャラを作っていては信頼できない人物だと思われてしまう可能性があります。初対面の人に会うと緊張して、どうしてもキャラを作ってしまうという人は、練習の場だと思ってキャラを作らないよう、チャレンジしてみるのも良いでしょう!

3、大学デビューで張り切りすぎて浮いてしまった

「大学デビューをしようと髪を染めたら、周りはほとんど黒髪だった」「田舎者だと思われたくなくて服装に気を使ったハズが周囲から浮いて大恥をかいた」こんな経験をした先輩もいます。
大学は毎日私服で通学しなければいけない。あまり気合の入った装いはそのうち疲れてしまうこともあるだろう。どうしても今までの自分と変えたい!という気持ちがある人は、入学してから徐々に変えていくのも一つの手法です。

4、GWや連休中にアルバイトの予定ばかりを入れてしまった

大学生は今までよりも自由な時間が増えます。その時間を有効活用できずに失敗したという先輩も少なからずいます。
特に大学入学をして1番始めに訪れるGWや連休は今後の大学生活をどう過ごすかじっくり考えられる大切な時期。その期間に、読書を生活週間にしてみたり、映画を見たり、学生生活の目標やプランを立てるのも良いでしょう!
アルバイトの予定ばかりを詰め込んで、「なんとなく過ごしてしまった……。」ということがないように気を付けてくださいね!

5、勢いで入ったサークルがただの飲みサーだった

「勧誘に流されて入ったサークルが飲みサーだった」「大学生活の思い出はお酒……」「アルバイトで稼いだお金が全て飲みに消えた」という先輩もいます。
先程も少しお話しましたが、大学でのサークル選びは大切です。スポーツや勉強、ボランティア活動など、大学のサークルでしかできないこともたくさんあります。飲みだけで大学生活が終わらないように、サークルにはよく考えて入りましょう。

 

夏までにやっておきたいことランキング


1、学生時代しか行けないような旅行の計画を立てる

IMG_9814

大学生は長い休暇があることが特徴です。
その時間にはぜひ、長期でしか行けない・できないような旅行の計画を立ててみるのもいいです!
特に、「世界の秘境を制覇する!」「アジア一周」といった「学生の間に絶対この場所に行ってやる!」という計画を立てるとより学生生活が充実します!
「社会人で長期休暇を取ることは難しい。学生の頃に行っておけばよかった……。」そんなことにならないように、学生のうちに「絶対に行きたい!」と思える場所を見つけましょう!

2、一生ものの仲間ができそうなサークルに入る

サークルがたくさんありすぎて、「どのサークルを選べばいいんだ!?」と迷った時には、一生ものの仲間ができそうかどうかを考えてみましょう。
例えば同じ趣味を持つ人がいるサークルや、逆に自分と違う趣味や思考を持っている刺激を受けられるようなサークルが良いと思います。
一度入ったサークルで何かが違うと感じた時には、そのサークルに固執せずに、次のサークルを探してみるのもいいです。お互いに刺激をしあえたり、心をゆるせたりできる、そんな友人がみつかるサークルを心ゆくまで探してほしいです。

3、長期休暇は面白い海外インターンに挑戦!

長期休暇に海外インターンに行ってみましょう!だたし、なんとなく選んだインターン先ではなく、自分が面白い!と思うものに行ってもらいたいです。
例えば、将来起業したいという夢がある人は、起業家が多いカリフォルニアに行ってどのようなことをしているのかを身近で体験すると良い経験になると思います。企業で働かなくとも、自然が好きならオーストラリアで自然保護団体の活動をしてみたりと、趣味や好きなことを本場で経験したりするのも良いです!
言葉が違う、文化も違う、そんな場所で得た経験は一生ものの宝になること間違いないです!ぜひ、海外インターンに挑戦してみましょう!
海外インターンについての記事もあります!
http://majimaga.com/2018/06/01/6832

4、本気で打ち込めるものをみつける

guitar-1149862_960_720

何をしていても「そのことしか考えられない!」という本気で打ち込めるものをみつけましょう!
そのためには日頃からさまざまな出会いや経験をすることが必要です。ぼんやり過ごしていては何も見つからない可能性が高いです。
本気で打ち込めるものをみつけるためには、まずは本気でチャレンジしていくことが大切です!
学生の頃にハマったものが生涯の趣味になったり、仕事になったりしたという人も少なくはないです。人生をかけて打ち込めるようなそんなものを探してみましょう!

5、そこでしかできない!という経験ができるアルバイトをする

大学生は社会人になる前にアルバイトとしてさまざまな職場を経験できる最後のチャンス。
そこでしかできない!という特別な経験ができるアルバイト先を探してみましょう!
例えば、行きたい業界があれば、その分野のアルバイトを経験し、知識や技術を蓄えるのも良い経験になります!そこで将来につながる人脈ができるかもしれません。
また、将来住む場所のイメージを固めるためにリゾートバイトをしてみるのも良いです!

 

 

編集後記


学生生活の中で周りに流されて行動することが実は1番危険だと思います。
もし周りに流されて、自分が本当にやりたいことをやらなかったとなると非常に悲しいことです。
最悪の場合、何もやれずに貴重な学生生活を終えることもあります。
一緒に切磋琢磨し合える仲間がいるか、自分が劣等感を抱くような仲間がいるか、一度、周囲を見渡してみませんか?
大学は全てがチャレンジの場。それを自分のものにするかどうかはアナタ次第です!ぜひ有意義な学生生活を送って欲しいです!