あなたの仕事は大丈夫?結婚できる職業・できない職業

By MAVERICK

2018.03.16  

0

本気は至るところに落ちている。マジマガです。

堀北真希、DAIGO、福山雅治と大物芸能人の結婚ラッシュが続く今日この頃。

-shared-img-thumb-CDS_weddings_TP_V

あなたはいつ結婚しようと思っているだろうか。「いつかできたらいいな」と呑気に構えてはいないだろうか。多くの人は一般企業に勤めているだろう。しかし世の中には様々な業界があり、出会いが多い職場もあれば少ない職場もある。職業と婚期の相関は無視できない。今回は結婚しやすいと言われる職業、結婚しにくいと言われる職業をご紹介する。

結婚しやすい職業とは

-shared-img-thumb-OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V

gooランキングが女性にアンケートした「結婚したい男性の職業ランキング」によると、結婚相手として人気のある職業は医者や国家公務員である。これは単純に需要があるからだ。ロマンチックな恋愛は学生までであると考えている女性も多く、社会に出てからは何と言っても収入面でのパートナー探しは必須である。安定して高収入が期待できる職業の男性は結婚相手に選ばれやすいので、少し年齢が高くてもその気になれば結婚できるだろう。
[コラム]結婚したい男性の職業ランキング – gooランキング

同じくgooランキングの「結婚したい女性の職業ランキング」を見ると、これは意外かもしれないが看護師・薬剤師が1位だ。これは看護師・薬剤師業界に女性が多いこともあり、結婚相手探しに努力を重ねることも要因ではあるが、男性の心理にも関係している。徐々に共働きの夫婦が増えてはいるものの、まだまだ男性は女性に家庭を切り盛りしてもらったりリラックスしたり出来る相手を望んでいる。その面で、ある程度退職もしやすく復職もしやすい、気も遣える看護師・薬剤師は男性からの人気が高いのだ。
[コラム]結婚したい女性の職業ランキング – gooランキング

結婚しにくい職業とは

-shared-img-thumb-150415211966_TP_V
結婚しにくい=婚期が遅い、未婚率が高いと定義しよう。

筆頭は教師である。中学時代や高校時代を思い返してみてほしい。別にブサイクでもないしいい先生なのに、独身の先生は結構いたのではないだろうか。卒業後しばらく経ってから結婚したと聞くこともあるが、30代はおろか40代での結婚もザラである。この原因は明らかで、出会いがないのだ。一度配属されてしまえば余程のマンモス校でない限り教師の数は数十人がせいぜいであり、異性かつ同年代の教師となると片手で数えるほどしかいないことが多い。そして教師といえば聖職者。恋愛にうつつも抜かす所を生徒に見せるわけにもいかないし、学校外で恋愛するほど教師という仕事は暇ではない。結果。婚期を逃したり遅れがちになる。

次はやはりIT、技術系の仕事ではないだろうか。これは男女比が起因している。IT系の職場は往々にして男性が多い。しかもその男性は理系だ。偏見はあるのかもしれないが、理系の男性は女性関係に明るくない。しかも仕事はハード。納期が近くなれば会社への泊まり込みを余儀なくされることも多く、ようやく現場から離れる30代半ばになって結婚相手の目星すらないなんてことは日常茶飯事である。

外資系のキャリアウーマンも結婚をしにくい職業とされている。外資系の会社に勤める女性は仕事ができる分結婚相手への理想が高く、若いうちは妥協することが難しい傾向にある。外資系は仕事がハードなことと、海外への出張や転勤も多くプライベートの時間が減りがちだ。そんな彼女らが未婚のまま歳を重ねるのは想像に難くない。

モテると結婚できるは違う

-shared-img-thumb-ITOU86_wa-wa-20150222111031_TP_V
いつでも彼氏、彼女が途切れることのないそこのあなた。結婚なんていつでもできると高をくくってないだろうか。実はモテると結婚できるは同義ではないことを肝に命じたほうがいい。合コンでモテるからといって結婚につながるとは限らない。理想とはギャップのある職業を紹介している過去記事もあるので参考にしてほしい。

これから就活の学生は注意!イメージと現実のギャップのある仕事5選

誰もが羨む職業はステータスにはなるかもしれないが、その職業に就いているが故に生涯のパートナーとしては考えられない人も多い。20代では恋人が常にいる人でも、30代も半ばに差し掛かると学生時代の同級生は結婚し、独身のままの自分に気付くかもしれない。

絶対に結婚できない職業はない

-shared-img-thumb-PAK82_gannbattekudasai1039_TP_V
当たり前のことであるが、出会いが少なく結婚しにくいだろうと世間的にイメージされている業界で働いていても、一生添い遂げるパートナーに出会い、結婚して幸せな家庭を築いている人は存在する。結局は、パートナーから見て魅力的な人であるかどうかが大事なのだ。今後どんな職業に就くのであれ、結婚願望があるならば自分が全力を注げる仕事に就いて自己の内面を磨き続けるべきであろう。常に物事に貪欲であり、本気で仕事で向き合える格好いい人こそが結婚できる勝ち組なのだ。