ショートカットキーを使いこなして、スキルUP!!

By 安室 朝常

2018.03.01  

0

こんにちは、皆さんは普段どのくらいパソコンを利用されていますか?

程度に差はあれど、大学生活においてほぼ全ての方がパソコンに触れる機会があるのではないでしょうか?
例えば、ネットサーフィンからレポートの課題やプレゼン用の資料作成、はたまた統計分析にプログラミングなどなど。
時にはこれら作業に追われて睡眠時間を削ったりすることもありませんか?

今回はパソコンを操作する場面で生産性向上につながる「ショートカットキー」について、特集したいと思います。

%e3%81%b1%e3%81%9d%ef%bc%91

Ctrl+C(選択範囲のコピー)やCtrl+V(選択したものの貼り付け)、 Ctrl+Z(一つ前の状態の戻す) など基本的なものはご存知の方は多いことでしょう。実は知っていると便利なショートカットキーも他にも山ほどあります。

慣れるまで時間を要しますが、使いこなせればキーボード上であらゆる処理を行うことができるため、作業がサクサク進みます。

そこで知っていると便利なショートカットキーを一覧表にしてみました。
*PCソフトの利用環境によって適用は異なります。

初級編:Ctrlキーの組み合わせ

%e3%81%b1%e3%81%9d%ef%bc%94

①Ctrl+A すべて選択
②Ctrl+S 上書き保存
③Ctrl+C コピー
④Ctrl+V 貼り付け(ペースト)
⑤Ctrl+Z ひとつ前の状態に戻す
⑥Ctrl+Y 「Ctrl+Z」の取り消し
⑦Ctrl+D(or Delete) 選択した項目を削除しゴミ箱に移動
⑧Ctrl+P 印刷
⑨Ctrl+N 新規作成
⑩Ctrl+X 切り取り(カット)
⑪Ctrl++ 拡大
⑫Ctrl+ー 縮小
⑬Ctrl+0 100%デフォルトサイズ
⑭Ctrl+T 新しいタブを開く
⑮Ctrl+tab 次のタブ移動
⑯Ctrl+タブルクリック フォルダーを別ウィンドウで開く
⑰Ctrl+W ファイル・ウィンドウ・タブを閉じる
⑱Ctrl+F 検索
⑲Ctrl+H 単語、文章の置換
⑳Ctrl+O 選択ファイルを開く

 

中級編:文字の変換・ファイルの管理etc

%e3%81%b1%e3%81%9d%ef%bc%93

①Ctrl+: 現在の時刻を入力
②F1 ヘルプ画面の表示
③F2 ファイル名の変更
④F3 ファイルやフォルダの検索
⑤F5 最新情報に更新(リロード)
⑥F6 ひらがな変換
⑦F7 カタカナ全角変換
⑧F8 カタカナ半角変換
⑨F9 全角英字変換
⑩F10 半角英数変換
⑪F11 全画面表示
⑫F12 名前を付けて保存
⑬Ctrl+1 書式設定のダイアログを表示
⑭Ctrl+2 太文字に変更
ShiftF10 ショートカットメニューを表示
⑯Shift+Caps Lock 大文字・小文字の切り替え
⑰Shift+Ctrl+Esc タスクマネージャーを開く
⑱Shift+Delete ファイルの完全削除
⑲Ctrl+Shiftを押しながらドラッグ ショートカットの作成
⑳Ctrl+マウスローラー ズーム調整

上級編:Windowsキーの活用・Altキーの応用etc

%e3%81%b1%e3%81%9d%ef%bc%92

①PrintScreen スクリーンショット撮影
WindowsPrintScreen スクリーンショット撮影&保存
③Windows+数字 タスクバーにあるアプリケーションを左端から順に該当のものの開始、表示
④Windows+Q アプリを検索
⑤Windows+W 設定を検索
⑥Windows+D デスクトップ画面に戻す
⑦Windows+E ファイル画面を開く
⑧Windows+L ログオフ
⑨Windows+M すべてのウィンドウを最小化
⑩Windows+Shift+M 最小化したウィンドウを元に戻す
⑪Home 先頭に移動
⑫End 末尾に移動
⑬Alt+Tab アプリの切り替え
⑭Alt→H→F→C フォントの色変更
⑮Alt→H→F→F フォント変更
⑯Alt→H→F→S フォントサイズ変更
⑰Alt→H→A→C 文字中央寄せ
⑱Alt→H→A→L 文字左寄せ
⑲Alt→H→A→R 文字右寄せ
⑳Alt→H→W 文字折り返し有効(Excel)

 

編集者後記


本稿では、膨大な数のショートカットキーの中から60選しました。
活用シーンによって、利用できるものも異なります。
始めはやはり慣れることが難しいものですが、慣れれば「マウス」の操作が減るため、サクサクと作業を進めることができます。
レポート作成のストレスも低減するのではないでしょうか(笑)。

大学生活の様々なシーンでスマートに課題をこなしていくためにも、ショートカットキーを活用してみてはいかがでしょうか。