「自由な働き方」と「茶産業復興」を目指す、岩本涼氏の描く未来とは

By MAVERICK

2017.10.24  

0

こんにちは!マジマガです。
今回は岩本涼さんにインタビューしました。

①岩本涼さん候補写真_

岩本涼(いわもとりょう)

早稲田大学政治経済学部3年(現在休学中)

(趣味・特技)
旅・クラフトビール・レモンサワー巡り・茶道・空手・バイオリン

(経歴)
・留学(フィリピン/アメリカ)
・サークル(ワイバーンズクリケットクラブ)
・バイト(イタリアンの厨房)
・インターン(立ち上げ前ベンチャー/リクルートで長期インターン)

(これから)
・事業立ち上げ
・学生イベント
・茶産業の再興に向けた活動

■もっと自由にやりたいことができる社会を実現したい!

岩本亮さん候補写真②

ー事業立ち上げを目指したきっかけは?

アメリカに留学しているとき、僕の周りの大学生の7割ほどが起業してたんですよね。「なんで?」と聞くと、普通のことのように「自分が持っているアイデアを形にしたい」って言うんですよ。起業という挑戦を、挑戦とすら思わない社会が存在していることを知って、衝撃を受けました。そして、その社会こそが理想だと僕は思ったんです。だって、やりたいときに好きなことをできるって素敵じゃないですか。なので、現時点では、やりたいことができたら、すぐに取り組めるよう、人脈つくりや、能力開発に取り組んでいます。
もう一つきっかけがあって、タイとラオスで旅をしながら仕事をするフリーランサーに偶然出会って、素直にいいな、って思ったんです。好きな仕事をとってきて、自分の好きな時間でやる。日本に帰らず、ずーーっと世界を回りながら仕事してる人もいるんですよ。いわゆるロールモデルというやつですか?この人たちに出会ってこんな働き方をしたいなって思ったんです!

 

ー今どんなことをやっているんですか?

フリーランスの市場価値を上げる事業を立ち上げようと思っていて、9月から始めたばかりなんですが、学生だけでやっています。ゴールとしては「誰もがやりたいことができる環境を作ること」です!
現状、案件が陳腐化していて、料金が安すぎたり、せっかく優秀なエンジニアでもなかなか仕事が来ない人がいたりして、そんな人たちのためのものが作れたらと思っています。
あ、PHPエンジニア募集中です!!!特に学生のエンジニアさん!「学生がここまでできるんだぞ!」ってのをどんどん広めていきたいんです。僕は自分たちの世代で日本を変えたいと思っていて、絶対できると思うし、情報感度もめちゃめちゃ高くてポテンシャルもっているはずなので、目指していきたいですね。是非、下記のアドレスからご連絡ください!
ryo.iwamoto11@gmail.com

 

■衰退しつつある茶道を再興したい!

岩本亮さん候補写真 茶道

ーなぜ茶道業の再興に向けた活動をやろうと思ったのですか?

「自分にしかできない。」そんな危機感がきっかけでした。
茶道は元々、小4からはじめていまして、それがきっかけで色々なお茶のイベントに参加していたんです。その時に感じたことは、お茶をやっている若者が本当にいないってことなんです。驚いたことに、先日参加した茶道行事では僕が圧倒的に最年少で、次に若いのが30代後半の方だったんです。ほとんどが60代、70代のご高齢者の方ばかりで…。僕には、これから衰退していく未来しかみえないんですよ。今って抹茶に触れ合う機会はあってもお茶を始めるきっかけがないんです。だから、このきっかけ作りをしたいと思うようになりました。
また、アメリカのコロラド大学に留学していたときに、自分でお茶会を開きました。その時、まずお茶の歴史を教えることからではなく、お茶自体を飲んでもらったりお茶の味の変化を楽しんでもらったりするところから始めたんです。そしたらすごく興味を持ってもらえたんですよ。「伝統を変えないこと=守ること」ではないんです。内容も伝え方もそれぞれに合った形で提供してみたら、結構いけるな、と。抹茶や茶菓子など、わかりやすいきっかけを提供してあげることで、もっともっと茶道の輪は広がっていく、と確信しました。

 

ー茶道業を再興する活動で現在どのようなことをしていますか?

まず、最初にしたことは、茶産業に関連した企業の方々とできるだけつながることです。アイデアを形にできるだけの仲間集めですね。全国どこでも行きます。また、大学の茶道サークルの方にもさまざまな話を出来れば聞いてみたいと思っています。
その上で、世界の抹茶トレンドを知るために、ニューヨークで修行しようと考えています。イノベーションを起こすには、その中心にいた方がいいですからね。Tech企業がシリコンバレーに行くとの同じです。できるだけ多くの人や情報に触れ、イノベーションのヒントを得たいですね。

 

ー最後に行動に移せてなくて困っている人たちへ一言あればお願いします。

「とにかくやってみること」です。
僕、「軸がないから行動しない人」が嫌いなんですよ。就活で「軸を作れ」って言われると思うんですけど、社会のことも知らないのに軸ってできないと思うんですよ。できないからこそ自分で努力・行動して軸が見えてくると思っています。僕自身軸なんてなくてブレブレで、色々手を出しているし、基本イエスマンなんですけど、そこに可能性やチャンスが転がっていると思うんですよね。悩む前に行動するってことが大切だと思います。
本当になんでもいいんです。例えば、好きなことに本気で取り組めば「やっぱり好きなんだ」と再認識できるし、賛同してくれる人も出てきてチャンスが広がってくると思うんですよ。とにかく行動すること、そしたら何か見えてくるはずです!
最後に宣伝なのですが、合同会社ココロザシでフリーランス養成塾を立ち上げています。フリーで仕事をしていくノウハウを実践的に学ぶことができる場を提供する予定ですので、ぜひURL載せておきます!

https://cocoro-zashi.com

ー岩本さん、今日はありがとうございました!

 

編集後記

岩本さんは本当に沢山のことに挑戦されていて、フリーランス事業立ち上げや茶産業復興活動の他にも空手黒帯持っていたり、バイオリンまで弾けちゃう方でした!
行動力が半端なくて、良い刺激をもらいました。