準備は万端?就活面接で聞かれる質問の意図を本気で考えてみた。【中級編】

西本佳蓮 By 西本佳蓮

2017.03.27  

0

本気はいたるところに落ちている。

 

こんにちは、マジマガ!編集部のカレンです。

 

就活は順調でしょうか?

 

就活中は想像以上に忙しいので、ちゃんと休息の時間をとることも忘れないで下さいね。

 

gf01a201502200200

 

本題に入りますが、面接の時に一度も考えた事がない質問が出てきた経験はありますか?

 

そんな時に、戸惑った方も多いのではないでしょうか。ちなみに、私はかなり戸惑った側の人間です(笑)。

 

「こんな質問が来るなんて・・・ちゃんと対策をしておけばよかった。」

 

今回は、そんな悩みを持っているあなたに「面接官の質問の意図」をご紹介します。

 

面接官が本当に知りたい事が分かれば、見当違いの回答を避ける事ができます。

 

ここでは「中級編」と称しました。聞かれたら少し詰まってしまう可能性が高いと思われるものを集めました。

 

また、【定番編】と【上級編】も記事にしているので、良かったらこちらも参考にしてみて下さい。

【定番編】はこちら

【上級編】はこちら
 

学生時代、辛かったことはなんですか?

 

【質問の意図】
1.「辛い」と感じるレベルを知りたい。
2.忍耐力や精神的に強いか。
3.壁にぶつかった時乗り越える力があるか。

 

【回答ポイント】
社会に出ると困難やトラブルが襲ってくるのは日常茶飯事。その時に乗り越えられる力があるかを判断しています。大切なのは、エピソードそのものよりも「どう乗り越えてきたのか」「どう成長してきたのか」という部分に焦点を当てて話しましょう。

 

あなたの趣味(特技)を教えて下さい。

 

【質問の意図】
1.人柄や価値観を知りたい。
2.好きな事にどこまでのめり込めるか、深くアツく語れるか。

 

【回答ポイント】
趣味があることは、それだけでアクティブな人という印象を与えます。自分の好きな事をイキイキと楽しそうに語れば、あなたの魅力が伝わりやすいです。趣味の難易度のアピールよりも「人として面白そう」だなと思わせることが大切です。好きになったきっかけや、趣味、特技を通して学んだ事も話せると◎。
 

学生時代、どんな部活やアルバイトをしましたか?

 

【質問の意図】
1.主体的に取り組んでいるか。
2.経験してきたことを知りたい。

 

【回答ポイント】
部活の場合、集団としての成績よりも、自分が何をしたか、何を学んだのかを語る事が大切です。アルバイトの場合、主体的に取り組んできたのか、受動的にこなしてきたのかで、仕事の取り組み方を推測されます。役職アピールだけでは意味がないです。

 

最近のニュース(時事問題)で興味を持ったことを教えて下さい。

 

【質問の意図】
1.情報収集能力をみたい。
2.社会への関心の高さを知りたい。

 

【回答ポイント】
最近=1年以内と考えます。政治や、芸能、本、映画、スポーツなど、どんなことでもいいです。しかし、興味を持っただけではなく、情報を自分なりに解釈する姿勢が重要です。「○○と報道されていましたが、自分はこう思いました。」と自分なりの意見を用意しておきましょう。

 

苦手な人はいますか?

 

【質問の意図】
1.自分と違う価値観、性格の人とどう付き合うのか。
2.好みに関係なく、幅広い人間関係を構築できるか。

 

【回答ポイント】
誰にでも、苦手な人や気が合わない人はいます。しかし、その人達と関わりを持たないようにできるのは学生まで。仕事相手は選べないので、誰とでも無難に付き合える適応力や柔軟性をアピールしましょう。個人は特定せず、「受動的な人」「時間を守れない人」など、面接官も共感できるタイプを挙げましょう。

 

休日はなにをして過ごしていますか?

 

【質問の意図】
1.ありのままの姿を知りたい。
2.自己管理ができているか知りたい。

 

【回答ポイント】
オンとオフの切り替えが出来ることをアピールするのが良いでしょう。「土日はずっとゴロゴロしていたり、寝ています」といった回答では、向上心がない学生と思われてしまうので、外出した事などについて話すといいでしょう。

 

あなたは周囲の人にどのように思われていますか?

 

【質問の意図】
1.ありのままの姿を知りたい。
2.本人の回答と周囲の評価は一致しているか。

 

【回答ポイント】
「インターン先の社員に○○と言われました」などの具体例を挙げましょう。「言われた事がない」というのは、人間関係が上手く作れない人という印象ができてしまうのでおすすめはしません。面接前に他己評価をしてもらい、明確な人物像を作っておきましょう。

 

10年後、あなたはどんな人物になっていたいですか?

 

【質問の意図】
1.入社の意欲があるかどうか知りたい。
2.実現のために何をすべきかわかっているか。

 

【回答ポイント】
明確に想像するのは難しいかもしれません。「この程度になっていたい」という理想の姿を掲げるといいでしょう。それを目標にして働く意欲を表明しましょう。

 

就活での企業選びの軸は何ですか?

 

【質問の意図】
1.どんな考え方、価値観を持って取り組むのか。
2.仕事に対する価値観をしりたい。

 

【回答ポイント】
業種、事業規模、社風など何でも良いですがはっきりとした理由を言いましょう。なぜそれを軸にしたのか、きっかけとなるエピソードがあると、面接官も納得しやすいです。

 

最後に何か質問はありますか?

 

【質問の意図】
1.自分の会社にどのくらい興味を持っているか。
2.仕事への本気の強さを知りたい。

 

【回答ポイント】
質問がないと答えるのは、その会社にあまり興味がないと思われてしまいます。社員に聞いてみたいと思う事を考えておきましょう。本当に入りたい会社なら、会社説明会やHPの情報だけでは不十分だとおもっているはず。

 

最後に

スクリーンショット 2017-03-09 22.46.45

 

私も面接を何回か経験しましたが、沢山失敗してきました。

 

面接は事前準備がとても大事だなと痛感しています(笑)。

 

時間がある時に、友達に面接練習を頼んだり、一人で言う内容をまとめておくと、当日の緊張もほぐれますよ。

 

また、面接前は誰かと会話をしておくとリラックスします。

 

面接の待ち時間で他の就活生と話せるなら、少し会話しておくと良いと思います。

 

面接は一回一回が勝負なので、悔いの無いように頑張って下さい!

 

【関連記事】
就活生が疑問に思う、面接官の質問の意図を本気で考えてみた。【定番編】

【バイトしながらES書けちゃう?!】就活中でも続けていたい面白いバイト3選

ここまで君は答えられるか?就活面接で聞かれる質問の意図を本気で考えてみた。【上級編】