0955B949-5CFF-4CB3-A445-5D89E5F67305

努力だけじゃない!?孫正義から学ぶ成功の秘訣!

豊島穂波 By 豊島穂波

2017.03.01  

0

本気はいたる所に落ちている。

こんにちは! マジマガ編集部のホーミーです!

 

さてさて先日の2月10日に編集部のトミーと前代未聞のマンモス級イベントに参加してきました!

 

その名も

「孫正義育英財団〜未来を造る若者たちへ〜」

fullsizeoutput_13c

引用:孫正義育英財団

世界はこれからシンギュラリティの時代をむかえ、AIなどの技術革新が人類を凌駕していくと言われています。

 

将来的に今ある職業の49パーセントが機械に取って代わられてしまうなんて話も最近耳にしますよね。

 

この孫正義育英財団はそんな変化の激しい時代に「高い志」と「異能」を持った未来の若者に対し、自らの才能を開花させることができるような環境を提供し、人類に貢献できる人材を育成したいという孫正義社長のアツい想いの元で発足しました。

 

シンギュラリティについて詳しく知りたい人はこちらをチェック!!

 

その財団の設立記念として豪華な3人のゲストを招いた対談イベントが開催されました。

 

そのゲストの方々がすごいんです。本当に。

今回、孫社長と対談したのはこの方々!

 

 

iPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞された山中伸弥教授

東京大学第30代総長の五神誠教授

史上初の7冠独占を達成した将棋の羽生善治3冠

 

本来であれば、1人の方の講演会に参加するだけでも大変ですよね。

応募してもだいたい抽選で外れるパターンのやつです笑

 

そんな各界を代表する著名人の方々が1度に4人も会するスペシャルなイベント。

「孫社長×ノーベル賞受賞者×東大総長×天才棋士」

まさに前代未聞な対談。

 

耳の穴かっぽじって聞いてきました

今回は対談の中でも特に響いた内容をピックアップしてご紹介します!!

 

①〇〇が決まっていない人は人生の半分を損している!?

hiking-1031628_1920

 

対談がスタートしてまず始めに孫社長が話した言葉は

 

「登るべき山が決まっている人は、それだけで既に人生の半分が決定している。」

 

と言う内容でした。

 

「え!?登山?」と思った方。落ち着いてください。比喩ですよ、比喩。

少し落ち着きましょう。

 

ここで言う山とは「将来の夢」の様な成し遂げたい事を指します。

将来の夢や目標が決まっている人は、そのゴールから逆算して今取り組むべき課題を把握できるため、効率よく目標に向かって前進することができるのです。

例えば、あなたがもしランニングをする際に、ゴールの旗が見える状態で走るのと、旗がない状態で走り続けるのとでは、モチベーションが全然違いますよね??

 

ここで言われている登山の話、言い換えるならば、将来の目標が決まってない人は人生の半分を損してしまっていると言えます。

 

あなたは将来の夢、やり遂げたい事はありますか??

 

②成長するために必要なのは努力だけじゃない!?

friend-1057645_1920

今回の対談を通じて登壇者の方々が皆さん口を揃えて伝えていたことがあります。

 

それは…。

 

人が成長するためには、努力することに加えて自分自身をエンカレッジしてくれる人の存在切磋琢磨できる環境が重要ということ。

 

孫社長のお父さんは「超」がつくほどの親バカで、どんな些細なことに対しても本気で褒めて応援してくれていたのだとか。

また羽生三冠はライバルと切磋琢磨しながら将棋をする事で実力を磨いていったと語られていました。

 

この様に何かを成し遂げるためには、自分自身の努力に加えて

「自分を応援してくれる存在×切磋琢磨できる環境」

という2つの要素が重要であると言えます。

 

ここまで記事を見て

「え…。自分には目標もないし、切磋琢磨できる環境もないや・・・(´・ω・`)」

 

「やる気はあるけど、何から始めたらいいのかわからない…(´Д`)」

 

…と、困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

 

安心してください!!

 

そんなあなたのために我らがマジマガがスペシャルなイベントを用意させて頂きました。

その名も…。

 

「やる気スイッチマッチングプログラム」

 

このプログラムは、既にやりたいことを見つけて行動している「自燃型」の人と、やる気はあるけれどまだやることが見つかっていない「可燃型」の人をマッチングして参加者の「やる気スイッチ」ON!にしてもらうという企画です!

 

参加者には講義と宿題を通して新しい「行動」にチャレンジして頂きます!

「行動」の例は、スタッフと対面で自分の理念やビジョンを探ってみるワークショップなどなど…。

あなたも、自燃型の人が『本気』になれた経験を体験して自分自身の「やる気スイッチ」を探して見ませんか?

一人で頭の中で悩んでても、やりたいことは見つかりません! 一緒にいろんな「行動」をして、やりたいことを見つけましょう!

マジマガのFacebookページにて随時、情報を更新していきますので、ぜひこちらからチェックして下さいね!

 

 

・講演会の全容はYouTubeをチェック!

・孫正義育英財団に関する詳しい情報はこちらから↓

 

 

The following two tabs change content below.
豊島穂波

豊島穂波

ライター。