image4

【電通→プルデンシャル→ハリウッドスター?!】怪物・芦名佑介に学ぶ生き方

磯貝 絢人 By 磯貝 絢人  

2017.01.21  

0

本気はいたるところに落ちている。

 

こんにちは、マジマガのけんとです。正月で3キロ太りました。^^;

 

みなさんは芦名佑介という人物をご存じだろうか?

image5

【プロフィール】

1989年神奈川県川崎生まれ。

2004年、慶應義塾高校に入学しアメリカンフットボール部に入部。

17歳でU-19日本代表選手に当時最年少で選出され、18歳でU-19 日本代表のキャプテンを務める。

慶應義塾大学4年時には約150人の部員をまとめるキャプテンを務める。

卒業後、電通にてコピーライターとして活躍。

その後、プルデンシャル生命保険株式会社に営業として転職。

このあたりに各メディアから取り上げられ、一躍有名になる。

そして2014年、25歳という史上最年少の若さで営業所長に抜擢。

2015年10月、同社を退職。単身渡米し、ハリウッドで舞台劇『BLOOD』に出演。

現在は帰国し、芦名表参道(株)を設立。アスリート×ビジネスマン×アーティスト×デザイナーとして幅広く活動している。

 

 

芦名佑介さんは、ご自身の生き方を言葉と行動で示してくれる。

ワクワクさせてくれる。

「彼の生き方」から貰えるワクワクというのは、2つあると考えている。

 

・芦名さんに対するワクワク

「怪物になって、本気で世界を変えるため、ハリウッドでスーパースターを目指します。」
引用:世界を変える怪物になる。

年収5000万捨てて、ハリウッドスターを目指すなんて、そこらのサクセスストーリーより、断然面白い…。

ハッピーエンドというより、壮大なオチがある感覚。

「これからどんなことやるんだろう?」って芦名さんに対してワクワクしませんか?

 

・自分に対するワクワク

「僕の「能力」は否定されても、僕の「可能性」は誰も否定できない。

自信とは、「可能性」を信じることで、「能力」を信じることではない。」
引用:僕には自信がある。

彼みたいな華麗なキャリアも圧倒的な能力も、僕にはない。

でも、”可能性は自分で決められ、能力は関係ない”と考えると、可能性を信じるか信じないかは自分次第だ。

この言葉のおかげで僕は可能性を信じることができるようになった。

このように、自分に対してワクワクさせてもらえる。

 

というわけで今回は、読者の皆様にワクワクを届けるべく

「芦名さんの生き方」を紹介していく。

 

 

 

 

 

 

1.やりたいことをやる

 

スポーツ、学歴、ビジネス、どれをとっても一流の人間だ。

ここまで何事にもストイックに努力するというのは、並大抵のモチベーションでは出来ないだろう。

しかし、ここで伝えたいのは、そういう社会の箔の話だけではない。

プルデンシャル生命保険を辞め、スターを目指し単身ハリウッドへ。

image4

年収5000万円を捨ててまで、自分のやりたいことへ挑戦するというマインド。

英語が話せるわけでも、演技をやっていたわけでもなかった。

それでも、彼には確固たる自信があった。

なぜか?

そう、上で述べた通り、可能性を信じているからだ

これから自分が英語、演技を学ぶことに対する「可能性」は誰も否定できない。

そうやって自分のやりたいことをやっていく。

ただの無鉄砲じゃないところが、さらに興味を加速させる。

彼がハリウッドを目指せるという自信には、こんな背景があった。

「起業をしたところで、孫正義やホリエモンに勝てるとは思えないし、勝ちたいと思わないです。

しかし、彼らの隣に並んだ時にオーラと雰囲気と表現力で負けるとは思いませんでした。

オーラと雰囲気と表現力で自分よりも勝る人間が、日本のビジネス界にはいないという確信がありました。

日本で勝てるならアメリカでもいけるかもしれないと。」

ただ面白そうだからという理由で、ハリウッドを目指していたわけではなかった。

勝算を持っていたというのだ。

自由であり戦略的なキャリアがなんとも面白い。

 

日々の筋トレ、学業、トップセールスマンになるまでの鍛錬。

そして、年収を捨ててまでスターを目指す決断力、戦略性。

自由で戦略的なキャリアが、ワクワクさせてくれる

 

2.両親の死すらもラッキー

芦名さんは、高校生のときに両親を病で亡くされている。

普通の人なら絶望して、ふさぎ込んでしまうだろう。

しかし、彼は違った。

image1
「僕は両親が死んだことさえ、感謝してる。
あのとき死んでいなかったら、今の僕はない。」
引用:【成長=経験×決断】芦名佑介

死んだことすらも、彼は両親が最後に教育してくれたと感謝したのだ。

この発言は数年前にあるメディアの記事で紹介されたが、

ツイッター等のSNSや掲示板で炎上してしまった。

しかし、彼はそれすらもラッキーだと評した。

これほどまでに物事をポジティブに捉える人間を、みなさんは見たことはあるだろうか?

多くの人は辛い事や苦しい出来事に悲観的になりがちである。

逆にそういう状況のときこそ、ポジティブに考えていく姿を僕たちは学ばなければいけない。

 

親の死すらもラッキーだと捉え、その発言の炎上すらもラッキーと捉えるほどに

ポジティブ思考がワクワクさせてくれる!

 

 

3.多くの人を魅了する独自の哲学

 

彼の言葉は常に分かりやすい。

そして、胸に響いてくる。

また、発想が斬新だ。

『締切』という言葉。

ここまで深く捉えたことのある人間はいるだろうか?

『決断』という言葉と対比にしているのは、非常に目新しさを感じる。

こういった独自の哲学、言葉に感銘を受けるファンが多い。

ポイントは二つだと考えている。

・言葉が身近で共感できる

・論理的で納得できる

誰でも身の回りのことを考えてみると、「締切」という言葉はそこら中に落ちている。宿題、レポート、課題、ミーティング用の書類、プレゼン資料などのことを考えると、誰もが締切という言葉と接する。

そして、言われてみると「ああ、確かに」と、腑に落ちてくることが多い。

ツイッターのフォロワーは14000人にも及ぶ。(17年1月現在)

こんなにも多くの人々を魅了しているのだ。

 

多くの人を魅了している独特な哲学がワクワクさせてくれる!

 

 

まとめ

 

いかがだったであろうか?

芦名佑介に学ぶ”本気の生き方”をまとめてきた。

1.自分のやりたいことをやる

2.両親の死すらもラッキー

3.多くの人を魅了する独自の哲学

世の中には、こんなにも本気で生きている人間がいるのだ。

この記事を通じて、”ワクワク”を感じて頂ければ嬉しく思う。

しかし、読者の方々には「こんなにストイックに生きるなんて無理」と感じている方々も多いだろう。

巷では、「怪物!怪物!」と騒がれている芦名さん。

でも、彼だって一人の人間だ。

きっと本気で生きられるのには、何か理由があるに違いない!

 

実は、芦名さんにインタビューをして、”本気で生きる秘訣”を探ってきた!

ご覧ください。

【人が生んだ怪物】芦名佑介に学ぶ”本気で生きる秘訣”

The following two tabs change content below.
磯貝 絢人

磯貝 絢人

マジマガではライターやwebマーケティングを行っている。 早稲田大学で留年中。ダメダメな大学生活を送ってきたが、転機があり活動的になった。慶應義塾大学の小杉ゼミに在籍。武者修行、前田塾参加者。                                     僕には、本気になれない時期がありました。僕みたいな大学生に「本気に生きるキッカケ」を与えたいと思って活動しています。読者の皆様へ。お粗末な文章ではございますが、読んでくださりありがとうございます。マジマガに関することでも、僕自身に関することでも、Facebookで気軽にメッセージください!!