%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%99

【本気×学生】「日本人が夢を諦める平均年齢は●歳」夢を追い続けられる人の特徴とは ー学生ドリームプラン・プレゼンテーション

西本佳蓮 By 西本佳蓮

2016.11.06  

0

本気はいたるところに落ちている。

 

こんにちは!マジマガです。

 

あなたには夢がありますか?

 

2013年に、キリンビールは「日本人の夢調査」を実施し、2013年12月12日~14日の間、20代~50代の男女各100人、2013年新成人の男女各100人の合計1000人を対象に調査を行いました。

 

その結果、「夢をあきらめた平均年齢は24歳」という調査結果がでました。

 

まだまだ若い年齢にも関わらず、なぜ夢を諦めてしまうのでしょうか?

夢を追い続けることができる人と、夢を諦めてしまう人の違いは何でしょうか?

 

 

そんな日本で、3000人の前で自分の夢を語る大会が存在します。

 

「ドリームプラン・プレゼンテーション」、略して「ドリプラ」。

 

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%98
 

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%94

 

創始者の福島正伸さんを筆頭に、”大人が夢を語る場所”として全国各地で勢力的に活動しています。大人だけでなく、『学生ドリプラ』もあります。
今回は、今年、東京初進出の学生ドリプラ東京実行委員会松本香保奈さんと、坂本直人さんに直撃!

夢をもった数多くの人々と関わる中で、夢を諦めない人の特徴について取材させていただきました。

 

夢をもった大人たちとの出会い

img_7559

 

ードリプラを知ったきっかけは何ですか?


松本:「きっかけは、ドリプラ創始者の福島正伸さんの講演会にたまたま足を運んだときです。福島さんの型にはまっていない考え方に惹かれ、こんな面白い大人がいることに興味をもちました。

 

その後、社会人が夢をプレゼンする「ドリプラ世界大会」の制作スタッフとして関わることにしました。

 

世界大会で、大人が自分の夢を語りながら泣いているのを見て、衝撃を受けました。大人でも夢を語ってもいいんだって。この環境が素敵だなと思い、学生ドリプラの東京支部を立ち上げるときに、実行委員長として関わることに決めました。」

 

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%91

ー学生ドリプラでは主にどのようなことをしているのですか?


松本:「来年3月に行われる、『夢の発表会』に向けて、実行委員会が4月から準備を重ねています。
今年度のテーマは『夢をチカラに!~踏み出せ一歩~』です!
夢を持っていない、いまいちやりたいことがあるけれど、一歩踏み出せない。そんなうずうずした子達に来てほしいなと思います。ドリプラが夢に向かって一歩踏み出す原動力になったらいいなと思い、このテーマにしました。

 

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%96
 

大会前に月に1回、夢を深堀るための『相互支援会』をプレゼンターの方達と一緒に行っています。実行委員もプレゼンターと同じ立場で、夢を応援したり、自分自身のことも改めて考え直す良い機会になっています。」

 

感動と共感でしか人は動かない

doripura

ー大会でのプレゼンの方法に特徴はありますか?

坂本:「『自分の夢の価値』と『あきらめない理由』をストーリー形式で10分間語ります。数字を使わずに、いかに共感を誘うかが大事。なぜなら、感動と共感でしか人は動かないからです。

 

ドリプラでは、プレゼンを”夢の疑似体験”と提言しています。映画のように実際に存在しないけれど、本当に夢をかなえた世界がある感覚を、観覧者は体験できます。

 

彼らの夢が仮に叶って、こういう世界になっている。こういう人たちがこういう風に幸せになっている。そういう疑似体験ができるのがドリプラのプレゼンテーション。だからこそ10分間のストーリーで話しています。」

賞金よりも価値のあるもの

%e3%81%a9%e3%82%8a%e3%81%b7%e3%82%89
 

ー大会の魅力は何ですか?

松本:「選ばれたプレゼンターには、『感動大賞』と『共感大賞』の2つの賞が与えられます。観覧者と出場者がつながるきっかけを作ることを重視しているので、賞金は設けていません。

 

例えば、プレゼンターの夢を協力して叶えてあげたいと思う観覧者は、プレゼンターと連絡を取り合えるようにしています。
結果的に、プレゼンターたちの輪が広がっていけばドリプラに出場する意味はあると思います。」

 

坂本:「ドリプラは自分の夢について深堀していく中で、”夢への思いや考え方を見つめ直す場”だと思います。

img_7556

 

『社会が”夢を叶えるための大海原”だとしたら、ドリプラは”航海をしていくための地図とコンパスを与える役目”』です。

 

もし、今語っている夢が今後変わったとしても、根本的な夢に対する思いだったり、人に感動を与え、価値を与える考え方を含めて学んでいけると思います。

 

自分ひとりだけで夢を叶えるのは難しい。けれど、100人の夢を相互支援して100人の力で叶えていくとしたら、より多くの夢を叶えることができる。そこがドリプラの魅力であり特徴です。」

 

夢を語ることは世界を変える

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%93

 

坂本:「仕事をしている大人も、実はみんなやりたいことがあって、世界を変えたい夢がある。ドリプラに初めて参加される方は、世界大会で3000人が他人の夢を応援している環境が存在していることに衝撃を受けると思います。

 

誰もが夢をもっていて、誰もがいくつになっても夢を語り、それをみんなが応援することができるような世界や環境、ひいては日本になっていけば、僕は日本や世界の様々な問題が改善していくのではないかと思います。」

 

人生の選択肢は一つだけじゃない

14215360_498656290331360_1335188662_o-1

 

坂本:「夢をもった若者はいますが、それを語ることのできるステージや環境があることを知らない人が多い。
中学を卒業したら高校に行く、高校を卒業したら大学行く、大学を卒業したら就職をする。それって自分で考えて歩んだ道というよりかは、みんながそうしているから、そうしますよね。

 

でも、人生の選択肢はそれだけじゃない。違った人生を送っている大人たちがいることを知ってほしい。

 

それを知ることで、結果的に就職したとしても、働くことに対する想いの部分は違ってくると思うんですよ。だからドリプラを広げていきたい。多くの選択肢がある中で、自分の道を見つけてほしい。」

 

結局、夢を追い続けることのできる人とは・・

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%a9%ef%bc%99

 

松本:「単純な話ですが、「叶うまで絶対にあきらめない!」ということです(笑)

 

あきらめてしまう人は、辞めた方が楽なのであきらめる。
追い続ける人は、失敗は成功の秘訣だと思い、絶対にあきらめない。

 

当然、実は夢を追い続けることのほうが大変です。それでも叶うまであきらめずに努力できるかどうかは、その人の夢にかける想いの強さだけなんです。ドリプラの評価基準が『感動大賞』と『共感大賞』であるのも、それが理由です。」

 

他人の夢を支援するほど、自分の夢も叶う

img_7571

 

ー最後に一言お願いします!

 

松本:「私としては、ドリプラは関東での知名度はまだまだなので、この記念すべき第一回目が知名度を上げるきっかけになればいいなと思います。

 

来てくださった人たちに、ちょっとでもいい変化や気づきがあれば幸いです。プレゼンターたちは普通の大学生ですけど、その子たちが勇気をだしてプレゼンしている姿をみて、人とのつながりのきっかけを作れたらいいと思います。」

 

坂本:「何をしているからすごいとか、夢の優劣とかは関係ない。見てくれた人は感動する人もいると思うんですけど、自分なにやってるんだろうなって思ってしまう人がいると思うんですよ。でもそこで落ち込む必要は無い。

 

そこで、自分は今後どうするかということを考えてほしいです。夢に向かって一歩踏み出している人たちがいることを知って、世界を広げてほしいです。」

 

一度きりの人生、後悔がないように、夢にチャレンジし続ける人が増えて欲しいと思います。

松本さん、坂本さん、ありがとうございました!

 

学生ドリプラ東京で登壇する金築美知さんの記事はこちら!

【学生ドリプラ東京2016 夢をチカラに!!!~踏み出せ一歩~】
日程:2017年3月25日(土)
会場:東京大学一条ホール
料金:学生1500円 社会人3000円
主催:学生ドリプラ東京実行委員会
詳しくは「こちら
【学生ドリプラ大阪2016 中之島から始まる未来予想図〜これが私の夢やねん〜】
日程 :2017年3月5日(土)
会場 :大阪市中之島中央公会堂大ホール
プレゼンター:6組
観覧者:800名規模を予定
入場料:学生1500円 社会人3000円
詳しくは「こちら
観覧申し込みは「こちら
【学生ドリプラ名古屋2016】
日程 :2017年5月6日(土)
会場 :ウインクあいち大ホール
プレゼンター:6組
観覧者:700名規模を予定
入場料:学生1500円 社会人3000円
詳しくは「こちら
クラウドファンディングでドリプラを応援したい方は「こちら

松本香保奈(まつもと かほな)
文京学院大学 4年
学生ドリームプラン・プレゼンテーション東京実行委員会 実行委員長

坂本直人(さかもと なおと)
日本大学 4年
学生ドリームプラン・プレゼンテーション東京実行委員会 副実行委員長