%e7%94%bb%e5%83%8f

なぜ155人全員を救えたのか? 航空機事故「ハドソン川の奇跡」 機長のリーダー像に迫る

西本佳蓮 By 西本佳蓮

2016.09.27  

0

本気はいたるところに落ちている。

こんにちは、マジマガです!

2009年1月15日、アメリカ・ニューヨーク市で起きた航空機事故を覚えているだろうか?

マンハッタン上空850メートルでエンジントラブルを起こした「USエアウェイズ1549便」は、ハドソン川に不時着水。

このUSエアウェイズ1549便で、機長を務めていたのが、チェスリー・“サリー”・サレンバーガー氏(サリー機長)だ。

%e7%94%bb%e5%83%8f

サリー機長とは一体どんな人物なのか? 類稀なるリーダーシップはどこからくるのか? 事故での彼の行動をひも解くと、真のプロフェッショナルとは何かが見えてきた。

続きは「こちら

【引用】http://www.huffingtonpost.jp