驥醍ッ峨&繧貼S__42180667

【本気×学生】夢がないなら語りまくれ!『夢フェス』で掴んだ、人生のターニングポイントー夢フェス16 広報担当 金築美知さん

西本佳蓮 By 西本佳蓮

2016.07.27  

0

本気はいたるところに落ちている。

 
こんにちは、マジマガ!編集部のかれんです。

 
「夢フェスが人生のターニングポイントです」。

 
そう笑顔で語ってくださったのは、現在「夢フェス16」の広報担当を務めている「おかん」こと、金築美知さん。

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180667

 
今は運営者として関わってますが、一年前は参加者側だった彼女。

 
人生のターニングポイントとなったほどの夢フェスとは一体どのようなイベントなのか、金築さんに取材しました!

 
はつらつと語る彼女の姿から、夢フェスの面白さや素晴らしさが手にとるように伝わってきました。

 

総勢200人の大合宿!本気で語り合う2泊3日

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180673

 
ー夢フェスとは何ですか?

 
「今年で16年目になる、全国200名を夢でつなぐ2泊3日の大合宿です。2泊3日という限られた時間の中で、自分と真剣に向き合います。メインイベントの『夜語り』や、ウォークラリーや、キャンプファイヤーなどのイベントを通して、たくさんの人と関わり、新しい価値観に触れて、刺激を受けて、互いに成長しあう場です。

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180664

 
どの活動もその根幹にあるのは”語る”ことなんですね。各イベントのときに、5分ぐらいで自己紹介するんですよ。限られた時間の中で、まず自分で語って、残りの数分で他の人が質問やフィードバックをします。あと、メインコンテンツの『夜語り』では、夜通し自分の夢は何なのかだったり、自分のやりたいことを、グループの人とひたすら話します。そこで自分自身を見つめ直すことができます。2泊3日ひたすら話して、自分の夢を考えられるのが夢フェスの特徴です。

 

見つめ直して気づいた自分の欠点

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180666

 
ー金築さんが夢フェス15に参加したきっかけは何ですか?

 
「参加前の自分は、『おかんて何やりたいの?』、『金築はどんな人間になりたいの?』と聞かれたときに、まったく答えられなかったんですよ。職業としては、カメラマンやりたい、ブライダルプランナーやりたい。なんだったら車のスタッフとか、子供と戯れていたいなとか、職業としてのやりたいことはたくさんあっても、人間像として一つの軸が無かったんです。ずっと悩んでいたときに、地域活動で知り合った友人のFacebookのシェアで、夢フェスの存在を知りました。予定空いているから行こう!とほぼ即決に近い状態で決めました。」

 

ー参加して自身の中で変化はありましたか?

 
「実際にイベントに参加した時、今までのイベントの概念を覆されました。自分が変わるきっかけになった人と出会えた夢フェスは人生のターニングポイントになったと思います。夢フェスに参加する前は、ずっと自分が前に出たいとか、目立ちたがり屋でした。「みんな見て!」みたいな注目されたくてとっても我が強い人間だったんですよ。しかし、夢フェスで語っていくうちに、あれなんか違うなって違和感を覚えたんですよね。

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180665

 
振り返った時に、自分の発言や行動が周りに対して良くなかったのを気づいたんです。これはまずいなと思った時に、『おかんそれはやっぱりよくないよ』って社会人の仲間がはっきり言ってくれて。夢フェス参加前だったら、間違いなく「何やねんこいつ!」と思っていました。
 
でも、その時の私は『そうだね。そうだったよね。注意してくれてありがとう。』って自然と言えたんです。困ったらはっきりいってくれる人がいて、見てくれていた人もいた事に気づくことができました。その後、注意してくれた人とはすごく良い関係になって、助け合える関係になれたので良かったです。

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180671

 
夢フェスは一つのきっかけでもあり、また別のきっかけにするためのもう一つの種じゃないですけど、その次につながる一歩を踏み出すための準備としてのイベントでもあると思います。非日常でひたすら3日間100人を超える仲間たちと語るっていうのは、本当にほかのイベントでは無いと感じます。」

 

同年代じゃないからこそ得られるモノ

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180663

 
ー参加者はどの世代が一番多いですか?

 
「18歳から30歳まで参加できます。大学2・3年生や、社会人1~4年目の方が結構多いです。自己紹介で私は『空手やってます』と言っていたんですけど、『一人で世界を飛び回ってました』とか『バックパックでヒッチハイクしていた』と言う人も中にはいました。自分の身の回りではそういう経験をしている人がいなかったので、新鮮すぎてすごいなと思いました。自分がどれだけ井の中の蛙だったんだろうって思い知らされました。

 
「また、他の参加者の方も言うのは、何か相談しても、同年代だったらAっていう答えしか出てこなかったけれど、年の離れた人にいろいろ相談したらBっていう答えが返ってくる。それが一番新しい価値観や刺激を受けます。」

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180674

 

夢フェスで見つけた将来の夢

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180668

 
「語る時間に自分の出てくる思いをばーって話したら、『おかん、熱い人間だね!』って言ってくれる人がたくさんいて、そこで思ったんです。『自分はこれだけ熱量をもっているのに、まだそれを内に秘めっぱなしだったんだな』って。

 
夢フェスが終わったとき考えついたのが、保育関係をやりたいと思いました。あとは、夢フェスがすごく良かったので、これを逆に作りたいなと思い、スタッフになりました。

 
もっともっと挑戦していいんだって思えたから、それこそ自分の挑戦したいことっていうのをやってみようかなって。また、夢フェスで出会った仲間は全国にたくさんいるので、『再会旅』をやろうと思います。一人で仲間に会いに行って、また一緒に話をしたいです。」

 

代表はあえてつくらない

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180679

 
ー夢フェスはメンバーが毎年ガラッと変わる更新制度と聞いたのですが。

 
「もともと夢フェスは、2001年に静岡の御殿場で行われた『夢FESTA2001』という、2泊3日の就職活動支援のイベントが始まりです。そのイベントの参加者たちが、もっとこの夢フェスをやりたいと、スタッフとして作り上げ、『夢フェス02』を作りました。夢フェスは学生団体ではないんですよ。夢フェスっていう一つのイベントをやりたいって思った人たちが、一度だけ集まって作り上げます。終ったら解散なので、そのスタッフで作り上げる夢フェスは二度としてない。一年限りなんです。だから年ごとにオリジナリティがあって面白いです。」

 
「役職は立候補制で決めています。私たちには代表がいないんですね。代表とかトップリーダーって言うのはあまり設けたくないという話になりました。なぜなら、共に作りたい気持ちは同じなのに、代表ができるとどうしても上下関係ができてしまってやりづらいくなる。この流れは昨年の15の流れを踏襲しています。去年も、代表がいなかったそうなのですが、それでも素敵な夢フェスをつくりあげていたので、自分たちもこのやり方の方がお互いの意見を対等に言い合える。だから代表がいないというか、あえて設けないです。」

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180676

 

ー金築さんの本気の瞬間は?

 
「企画のときに、自分のやりたいって思ったコンテンツをスタッフの仲間に発信するときです。また、自分は広報の部署なので、Facebookなどでメンバーの紹介をするとき、その人の良さをどう引き出そうかと考えたり、この人面白いんだなって思わせるような書き方をしてみるだとか工夫します。なにかを発信するときはいつも以上に熱が入って、前のめりになって、顔が赤くなるぐらいマジになります。

 

未来への熱い気持ちを込めたテーマ

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180681

 
ー今年の夢フェスのテーマは?

 
「テーマは『タイムカプセル〜誰もがリーダー誰もがスター〜』です。”タイムカプセル”は過去の自分から、未来の自分に手紙をあげるじゃないですか。そのように、過去をひたすら見つめ直して、今になってタイムカプセルを開けたときに、自分たちって本当は何がやりたかったんだろうって思い出してほしい。未来への楽しみや希望を詰めた、そのときの熱い気持ちを秘めたものを開けるのをイメージしました。『〜誰もがリーダー誰もがスター〜』は「一人ひとりがひっぱれる存在であって、一人ひとりが輝ける存在なんだよ」っていう意味合いを込めています。」

 
驥醍ッ峨&繧貼S__42180660

 

ー最後に一言お願いします!

 
「夢フェスは、夢を持った人だけが集まるものではなく、将来に迷ってるから、人の話し聞いてみようかなっていう人たちがたくさん集まっています。まずは聞くだけ聞いてみようかなって集まった人たちも、最終日には自分ができることをもっとやってみたいと思うひとばかりです。今年の夏、3日間で自分をもう一度ひたすら見つめ直してみませんか?8月24日が締め切りなので、応募はお早めに!

 
金築さん、ありがとうございました!

 

夢フェス16
【タイムカプセル~誰もがリーダー、誰もがスター~】
開催日:2016年9月17日(土)~19日(月)
参加者定員:200名(仙台50名、東京50名、名古屋50名、大阪50名)
参加条件:18歳~30歳前後(高校生不可)
参加費:20000円
出発地:仙台駅、新宿駅、名古屋駅、大阪駅
※出発地までの交通費は自己負担となります。
開催地:長野県佐久市 望月少年自然の家
エントリー締め切り:2016年8月24日23:59
HP:http://yumefes16.jimdo.com/entry

 

金築 美知(かねつき みさと)
共栄大学国際経営学部国際経営学科4年・夢フェス16スタッフ(営業広報部/デザイン部所属)
昔から「人との縁」を大切にしていることから、今まで参加してきた地域のボランティア活動や現在の夢フェスの活動においてもその想いは強く表れている。「再会旅」と称して、素敵な仲間たちのいる地域に1人で旅をすることと夢フェスをこよなく愛する。スタバが大好き。