実力と容姿を兼ね備えた大学生トップアスリート3選

By MAVERICK

2016.02.18  

0

本気は至るところに落ちている。マジマガです。

常人には真似できない華麗なプレーとたゆまぬ努力で見る者の心を熱くさせてくれるアスリートたち。アスリートに顔は関係ないが、アスリートの中にはその類まれなる運動神経と共に、イケメンや美女も存在する。

-shared-img-thumb-OZPA88_tetuzankou20130707171010_TP_V

今回はそんなイケメンや美女のアスリートをご紹介する。さらに、現役大学生アスリートを3人取り上げる。大学生のそこのあなた、同世代にはこんな人たちもいるのだ。

バレーボール界のNEXT4石川祐希

sport-908267_640
石川祐希(いしかわゆうき)選手は男子バレーボール日本代表。2015年のバレーW杯ではNEXT4の一角として多くの得点を決めた名選手だ。そんな石川選手は191cmの高身長、中央大学の現役大学生であり、イケメンのアスリートである。その甘いマスクは数多くの女性を虜にし、W杯の際に一躍イケメンアスリートとして日々のメディアを賑わせた。その実力は折り紙つきだ。高校時代には愛知県の星城高校で二年連続の高校三冠の立役者となり、W杯の際はベストアウトサイドスパイカー2に選出、得点ランキングで6位、スパイク決定率で4位に入るなど、世界屈指のバレーボールプレイヤーとなっている。現在は名門イタリアのバレーボールチームで活躍中だ。そんな石川選手も本業は大学生。キャンパスライフを追いかけるメディアも後を絶たないほどの人気ぶりである。今後日本の男子バレーボール界には世代交代が起こるだろう。その時、石川選手が中心選手として活躍する未来は想像に難くない。

女子相撲の新星、野崎舞夏星

japan-77981_640
野崎舞夏星(のざきまなほ)選手は立命館大学の大学生だ。ショートカットの似合う可愛い女性である。しかし、意外や意外。彼女の取り組むスポーツはなんと「相撲」である。小学生の時に兄の影響で始めたレスリングを始め、トレーニングの一環で取り組んでいた相撲で相撲の魅力に取り付かれる。その後、出身地である静岡県の大会で好成績を収め、2014年の世界女子ジュニア相撲選手権大会では日本人初の軽量級における優勝を果たした。2013年にテレビの特集として紹介されたことで「可愛すぎる力士」として一躍有名になった。レスリングや高校時代に柔道部だった経験を活かし、現在では立命館大学の相撲部において男子力士と共にその技を磨いている。可愛い容姿とは対照的なほど、相撲に取り組む彼女の表情は真剣そのもの。そのギャップも相まって男性ファンも多くおり、野崎選手が大会に出場する際は多くのファンが詰め掛けるほどだ。しかし相撲は未だに男性のスポーツ(武道)であるとする声は根強く、大相撲などで使われる土俵は女人禁制とされている。そんな日本相撲界の未来を切り開く存在として野崎選手の今後の活躍が期待されている。

フィギュアスケート世界王者、羽生結弦

ice-skating-235547_640
イケメンのアスリートとして、この人を紹介しないわけにはいかないだろう。男子フィギュアスケートの羽生結弦(はにゅうゆづる)選手だ。1994年生まれの羽生選手は早稲田大学の現役大学生である。全日本選手権4連覇、グランプリファイナル3連覇、2014年のソチオリンピック金メダリスト、男子シングルの世界記録を持ち世界ランキングは堂々の1位。名実ともに世界一のフィギュアスケート選手である。実力も然ることながら容姿も淡麗だ。細く長い手足、小顔、つやつやの肌、そして中性的な顔立ちが多くの女性ファンを獲得した。東洋一の美少年と称されることもある羽生選手はCMや広告にも引っ張りだこだ。イケメンや美女でも簡単には表紙を飾れない女性向け雑誌「anan」にて、スケート選手としては初、アスリートとしてはサッカーの内田篤人選手に次いで二番目の表紙を飾る人物となった。さらに、羽生選手の魅力はフィギュアスケートの実力と容姿だけにとどまらない。競技に取り組む姿勢は真剣そのもので、練習時間を延長したり、アクシデントによる怪我をものともせずに試合に臨んだりするその姿は男女問わず勇気付けられる。ファンには常に感謝を忘れず、試合後には観客席に深々とお辞儀、インタビュアーへの気遣いも完璧だ。宮城県出身ということもあり、被災地への支援も行っている。そんな羽生選手の人気は国内のみならず、中国やロシアでも人気は段違いである。これが読者と同じ大学生かと思うといい意味でゾッとしてしまう。

スポーツに年齢は関係ない

-shared-img-thumb-Green1_best20141123181357_TP_V
以上、3人のイケメン、美人アスリートを紹介した。天は二物を与えないとも言うが、彼らを見ているとそんなことは無いのではないかと思ってしまう。しかし彼らはあなた方と同じ大学生だ。同じ国に生まれ、ほぼ同じだけの時代と時間を過ごしてきた。もちろん容姿には生まれ持ったものも関係してくるだろう。だが、彼らが我々の心を熱くさせてくれるのは、日々の地道な努力があってこそのものだ。彼らの姿を見て、自らの日々の生活の活力とすることは何も問題ない。きっかけは容姿でもいい。彼らの活躍する姿を見て、大学生活を有意義なものにしていこう。スポーツはシーズンによって試合が行われないこともあるので、もしテレビで見られない時は是非一度インターネットで検索してみてほしい。