14

今年こそ自分を変えたい!そんな人は○○すべき?新年の目標設定の方法

By MAVERICK

2015.12.18  

0

本気は至るところに落ちている。マジマガです。

早いもので今年ももうすぐ終わり。年末年始といえば、大掃除や忘年会などこれまでの一年を締めくくり、次の年に向けた準備を進める期間だ。「一年の計は元旦にあり」なんていうことわざもあるように、新年の目標も早めに設定しておかなくてはならない。

12

ただし、目標の設定をしたほうが良い、とはよくいわれるものの、逆にあれもこれもやろうと目標を立てて結局やらなかった、という経験は誰しもあるもの。例えば、一年の初めに「今年は絶対にダイエットするぞ!」とか、「週に1回はジムに行くぞ」といった目標をあれこれ立てたはずなのに、その一年を終えて気が付いてみると、目標を立てたことすら忘れてしまっている、なんていうことにもなりかねない。

この記事では、そんな経験のある方、そして今年こそ本当に自分を変えたい!と思う方のために、科学的に裏付けされた方法による、挫折しない目標設定の仕方をご紹介しよう。

『スタンフォードの自分を変える教室』から学ぶ目標設定の仕方

13

今回ご紹介する目標設定の仕方とは、スタンフォード大学での人気講座「意志力の科学」を基に作られた『スタンフォードの自分を変える教室』という書籍の内容によるものである。著者のケリー・マクゴニガル教授は、健康心理学者を名乗る本講座の講師。心理学のみならず、医学や神経科学、行動経済学の最新研究を応用し、科学的な知見で「意志力」の分析を行っている。

ちなみに、ここでいう「意志力」とはすなわち「意思の強さ」であり、「目標を達成する力」「自分の感情や欲望をコントロールする力」といった言葉に置き換えても良い。要するに、目標を達成するために必要な考え方を学ぶことこそが、本講座の目的といえる。スタンフォード大学での本講座の人気ぶりは目を見張るものがあり、受講者がわざわざ知人や家族を連れてくるほどだという。そして何より驚きなのは、受講生のうちのおよそ8割が、講座開始後たった4週間で意志力が強くなったと実感していることだ。

それでは、次項から本講座のエッセンスのうちの一部をご紹介していこう。

やりたいことを「やる力」だけでは目標を達成できない

14

目標を設定するというのだから、まずは自分のやりたいことを洗い出す必要がある。例えば、これをすれば健康的な体を手に入れられる、こうすれば異性にモテる、などといったように、自分にとってプラスな結果が出るとわかっており、それに取り組みたいと思うことを「目標」として設定する。そして、それを実際に行動に移す力のことを、本書では「やる力」と呼んでいる。一般的な見方で言えば、この「やる力」こそが「意志力」、「意志の強さ」なのではないかと思いがちだが、本書で考えるところによれば両者は必ずしもイコールではない。

どういうことかというと、冒頭でも少し触れたように、あれもこれもやりたいと目標をいくつも立ててしまえば、当然それらすべてを達成することは難しくなるすべての人間がそんな完ぺき超人であるはずはない。だからこそ、目標を達成するためには「やる力」に加えてもう一つの「力」が必要なのだ。

目標を達成するためには「やらない力」が必要

15

それぞれ個人差があるにしろ、「やる力」には限界がある。だからこそ、「やる力」だけでは目標を達成することは難しい。「やる力」に加えてもう一つ必要とされるのは、やるべきでないことを「やらない力」だ。

例えば、ダイエットしたいという目標と美味しいものをたくさん食べたいという欲求は、互いに反発する性質のものであることがわかる。このとき、自分にとって本当に達成すべき目標を冷静に選び取り、そうでないものを切り捨てること。ダイエットという目標を達成するために、美味しいものをたくさん食べるという行為をやらないこと。つまり本書でいうところの、「やらない力」が必要なのである。

一見単純なことに思えるが、目標を達成できない場合の多くが、この「やらない力」の不足が原因であると言っても良いだろう。逆に考えれば、この「やらない力」を鍛えることで劇的に「意志力」を高めることが可能。自分にとって何が本当に必要なのか、冷静に見極めることこそが、目標を達成するために必要な「意志力」の基礎中の基礎であるというわけだ。

本気で目標を達成したいなら

16

 

ここまで説明してきたように、がむしゃらにあれもこれもやろうとすることが本気ではない。そんなことでは、目標を立てたこと自体に満足してしまうというのが関の山だろう。誰もが完ぺき超人ではないので、目標だけを増やしても駄目だ。本気で目標を達成したいなら、そのために「やるべきではないこと」をしっかり見つめ、<諦める=明らめる>ことが必要。こうすることで、自分の取り組むべき課題が明確に見えるようになり、今やるべきことがわかるようになる。

これまで目標を達成できなかったあなたは、目標をあれこれ立てすぎていたり、目標を達成するために我慢するべきことを意識できていなかったりしたのかもしれない。来年こそはぜひ「やる力」「やらない力」を意識して、新年の目標を立ててみてはいかがだろうか?